Page: 3/5  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
イチゴプリン
先日、お花見ランチをした際に
急に誘ったので
あまり物をお弁当に詰めて
友達親子にも持って行きました。

そしたら
こんな可愛いお返しがきましたときめき



イチゴを沢山もらったから
作ったそうです。
酸味が効いていて、すごーく美味しかったぴかぴか



0歳と1歳の子育てしながら
こんな物を作れるなんて素敵ラブ

見習いたい・・・。
| tomo | 12:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゼンマイもみ

旦那がゼンマイを採ってきて
揉むのは、母ラッキー

料理も母たらーっ
私は食べる役イヒヒ
修行中ってことでてれちゃう


2回目に持って来てくれたぜんまいが
あまりに少量だったので
思わず「これだけ〜!?」と、言ってしまったら
(全然悪気もないのですが)
翌日、山のように採って来ました

収穫後に処理したり、茹でたりしないとなのですが
夜8時までかかって作業したようです。

意地になったなイヒヒ
お陰で1年分は確保できました。


乾燥終了

ところで不思議です。
乾燥すると、保存食になるなんて
食べるときに水で戻して使います。


昔の人は素晴らしい知恵を持っていました。
雪に埋もれる冬をどう乗り切るかが切実なだけに
こういう保存食の技術が発達したんでしょうねウィンク

今はスーパー行けば年中、キュウリでもなんでも
買えますが、昔はそうはいかなかった。

今の時代、保存食なんて必要ないかもしれませんが
山の恵みを大切にしたていきたいです。
健康にも環境にもいいですしねチョキ


| tomo | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
貧乏暇なし、されどご馳走あり!?
先日、仕事から帰ると、薄暗い中
旦那が何かしていました。


山の枯葉を敷き、キュウリを植える準備をしていました。
空き家に来た来客者に喜んで貰うためです。



その後は、ワサビ菜と、原木椎茸採り。
そんなこんなで
真っ暗になってきましたイヒヒ

父は「そんなにかせがなくていい!」と言いますが
好きなんですよね〜。だから疲れてても動いちゃう。あっかんべー

冬菜・わさび菜・椎茸
お陰で美味しいものにありつけて幸せ〜〜チョキ



おすそ分けした方から
手料理を頂いちゃいました!
奥さんは凄く料理上手で、美味しかったぴかぴか
ご馳走様でした楽しいKさん

| tomo | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山本山のなたね油
イベントにブース出店していて、並べてあったので、
売り物だと思ったら、「売ってない・・・。」とのこと。
でも、「特別に!」と、1本売ってくれました・
思いのほか売れてしまい、在庫がないのだそうです!

一般の油に比べると、値段は高いのですが、
比べるだけ野暮ですね。



長岡の自然派お母さんたちが沢山集まる施設に行った際、
この油が手に入らないかと聞かれました。
その他にも、小千谷で小麦作っている方がいるらしいけど
知っていたら紹介してもらえないかとも聞かれました。
勿論価格はそれ相応でOKとのこと。

凄い!その気になれば情報は入るんだな〜。
そしていい物を作っていると
欲しがる人はいるんだな〜と関心しました。
| tomo | 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コンサートの翌朝
朝食は我が家で皆で食べました。
我が家は3分づき位の黄色いお米を食べているので
それを炊いたのですが、旦那は白米を食べさせたい!!と
しきりに残念がっていました。



でもメンバーの殆どは普段から玄米を食べているから
白米じゃないほうがしかもいい!
無農薬ならなおさら!と言って
「おいしい!おいしい!」と食べてくれました。



「これ、なんだと思う?」と、皆に聞くと
「豚の耳」「魚?」「貝?」などと、珍回答が返ってきました。

「椎茸の大きくなったのだよ」と教えると
見た事ない!と皆驚いていました。
スーパーに並んでいるのは規格の揃った物ばかりだからね・・・。


食に興味がある様子なので
「味噌見る?たまり醤油も浮いてるよ」と言うと
全員が「見たい!見たい!と寄ってきてくれました。」
なんか嬉しい!


始めて見るらしく、興味津々のようでした。
たまり醤油をすくって、早速、朝食のお醤油につかいました。


京都から来た小学生は地元の学校行事で
お米作りをしたそうで、
「ここでもお米を作れるの?いいな〜。また来たいな〜。」
と言ってくれました。


帰りに、我が家の玄米をお土産にあげると
大喜びしてくれました。
| tomo | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スローフードは、究極の薬!?
亡くなった祖父の家に放置されたままの
大きな木の桶がありました。

何が入っているのかも分からず、空けるのが怖くて
ずっとそのままにしていました・・・。

でも、家を解体するにあたり、
どうしてもそれに手を掛けなくてはならず
とうとう、ある時、空けてみました。

中には、味噌と味噌漬けの野菜が入っていました。
腐るどころか、芳醇!!!でした。

大量だったので親戚中に配りました。
でも、少なくとも10年以上の熟成物だったので、かなり癖があり、
「とても食べれない!」という人もいました。

我が家はブレンドして食べていたのですが
樽から空けたら、あっという間にカビが生えて無駄にしてしまいました。

健康志向の親戚は、冷蔵庫で保存し、
3年経つ今でも大事にとってあるそうです。
というのも、10年味噌ともなると
体に相当良いらしく、病気の人などが
探し回るのだけど、なかなか手に入らない代物なのだそうです。

そうと知っていたら大切にしたのに・・・後の祭りでした。

究極のスローフードは、究極の薬なのかもしれません。
私も3年味噌ならぬ10年味噌にも挑戦してみようかな!
| tomo | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
味噌仕込み

大豆を煮る前日、大豆を念入りに洗います。
水は山の湧き水だから使いたい放題!


大豆の3倍以上の水に1昼夜、浸します。


当日
1時間30分蒸かし、15分位蒸らします。
蒸らすと味がいっそう美味しくなります!
小指と親指で大豆を潰せる位に柔らかくなればOK。


チョッパーで煮えた大豆を潰します。
4年前の時は、臼と杵で潰したので重労働でしたが
これがあると超簡単!


大豆を35度まで冷ましたら、


大豆に麹と塩を混ぜたものと、煮汁をいれ、混ぜ合わせます。
ボール状にして、ハンバーグと同じ要領での空気を抜きます。


樽に隙間なく仕込んでいきます。


全部仕込んだら、上に塩をかけ、笹とラップをします。
笹は抗菌作用があります。
笹が山ほどあって、義父は捨てる!と言っていたので
遠慮なく沢山入れました!

全重量の20%の重石を乗せて、フタをして、冷暗所に置きます。
6月と8月に転地返しですが、私は1回しかしない予定。
充分美味しく上手に出来るはずです。

後は、ゆっ〜くり、ゆっ〜くり、熟成してもらうだけ!
1年後より3年後の3年味噌の方が断然美味しいそうなので
挑戦してみたいです。究極のスローフード!
| tomo | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
麹作り
店の軒先で
そもそも麹つくりが2年ぶりだったので、
あれこれと悩んでいると、丁度来店したお客さんが
全てアドバイスしてくれ、味噌談義に花が咲きました。
このお客さんは、味噌の他に麹で甘酒を沢山造るそうです。


蒸かしたお米(ひねりモチ位の方さ:指で潰すとモチモチになる)を
手早く冷まし、45度以下になったら麹菌をふりかけ、よく混ぜる。


発酵機に入れて管理する。2日後に出来上がる。


機械に頼らずに自己流でも挑戦しました。
ケースにお湯を少し張り、その上にザルに入れたお米を入れて
ケースのフタをして、毛布などを掛けて保温する。
温度が上がらなければ、電気毛布や電気カーペットを使用。
38度位を保ち、2日位管理する。


すると、麹菌が繁殖してパラパラノお米(麹)が出来上がります。
私は温度が上がりすぎ&湿度高すぎ?で1回目は失敗・・・。
2回目は湿度多すぎて繁殖弱い・・・。
3回目は成功でした。
1回目のは勿体無いけど廃棄(堆肥化)です。

玄米は白米に比べて、菌が付着しづらい為、繁殖が難しいようです。
玄米味噌自体食べた事がないので楽しみです。
| tomo | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
麹と味噌作り
手前味噌を作り始めて早4年目。
すっかりイッチョ前と思いきや、珍道中でした・・・。
というのは、初めての玄米での麹作りだった上に
色んな事が重なって忙しい、更に仕込む量が大量だったからです。
玄米麹45キロ、大豆45キロ、塩22キロで
味噌にして180キロ!!
どうするの!?この量!?
殆どは人に配ってしまう事でしょう・・・。

皆で味噌仕込み。なんかレトロ!

棚田のお米の「いりご」(小さなお米)が大量にあり
せっかく無農薬、有機肥料米なので、精米の白麹より
ミネラルいっぱいの玄米麹が魅力的だし、
普通には手に入らない物だから冒険して
玄米麹に挑戦してみました。

というか、そもそも、いりごを精米すると、
粉々になってしまうらしいのです。
義母は粉にして、笹団子や、草モチなどにしていたそうですが、
私は無精者でめったには出来なそうで・・・やはり味噌!
味噌は1回仕込めば1年〜3年楽しめます拍手
| tomo | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
菜の花プロジェクト
先日、NPOスローライフ小千谷の
菜種油完成披露の会に参加してきました。

自給自足って大事!って思います。
食べものだけでなく、エネルギー、衣類、住宅などなど。
全部なんて殆ど不可能。でも出来る範囲で広げられたら
世界はいい方向に行くのではないかと、日々思います。

8年位前から種苗店の仕事をするようになったら
農業から世界を見るようになり、
このままでは・・・。
何かせねば・・・と考えるようになりました。

仲間に「何かしようよ!」と、声をかけ
第1回のお茶会交流会をしようとしてたら
その前日、あの中越地震がおきてしまいました。

その何かが、まずは地域のために今出来ることをする!
と言う事に自然となりました。

とてつもない事がおきていました。
でも、農村は強い!って感じました。
収穫したばかりの新米と、
収穫時期まっさかりの野菜が豊富にある家が多かったのです。

水は山の水、湧き水、井戸水など。
トイレも作りました。畑に穴を掘ってブルーシートで目隠し。
「畑の肥やしになるから遠慮なくどうど(たくさん)してね!」
との、ご近所の方の優しさが今も忘れられません。

エネルギーは薪や、お米の籾、自家発電の家もありました。
そして人力!道を治したり、
家や車庫、鎮守様を修復したり、車を救出したり・・・。
土方や大工仕事、なんでも地元の人が対応していました。

勿論これらがなくて大変な思いをした方も多かったですが。

でも、その強さを目の当たりにし、
更にこの自給率を高める事が
とても大事な震災復興なのでは!
と、壊れた我が地域をみながら日々考えていました。

お米や野菜などを自分で作ると
世の中の食料が少し位値上がったり
食料不足になっても強いです。

地域内自給を高めると、
災害時も、戦争がおきても、大不況がきても強いです。
勿論おおいにおおいに巻き込まれますが・・・。


それにしても、なんで、アメリカのサブプライムローンで
私たちの生活まで、こんなに巻き込まれるの!?
グローバル化は怖い!って感じます。

これからは、いかに小さく足元からかな?
そんな中、菜種油の完成は、
大事な1石を投じたのではないでしょうか?

綺麗な菜の花畑があちらこちらに咲き乱れ、
その暁には、食用油になったり、エネルギーになる。
油粕は、大地の肥やしになり、また花が咲く。
課題もまだ多いと思いますが、完全なる地域循環です。

満開の花とともに、沢山の人々の笑顔が満開になって欲しいです。
| tomo | 11:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode