Page: 3/4  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
まーちゃんバンド&みほこんコンサート
沢山の方にお越しいただき大盛況に終わりました。
まーちゃんバンドは、今回で6回目の小千谷市入りで、
コンサート数にすると十数回していますが、
今回が1番盛り上がったように思います。



ステージが低く、出演者との目線が近かった為、
メッセージや歌が身近に感じられ、す〜っと入ってきた感じでした。
でも、それだけではないかも!
何か言葉にはできないものがあった様に思います。


みほこんの歌とヴァイオリン、
そして彼女ならではのトークが素敵な空間をまず作ってくれました。
「素敵な歌を作ってくれてありがとう!」と言うと
みほこんは「父ちゃん、母ちゃん達が私に自然と作らせたんだよ」
「あなたよ!あなた!と父ちゃん達の顔を見ながら歌ったけど、
気づいてないかも!」と言ってました。
都会の女性から、あんなに愛される小千谷って、
父ちゃんって、母ちゃんって、すげぇ〜素敵!!

子供だけで踊る

そしてまーちゃんバンド、
今までの比ではない位の大勢の方が、一緒に踊っていました。
しかも立ち上がって踊っている方が大勢でした!
子供も大勢、前や横に出て踊って喜んでました。

障害をもつ方も大勢来ていただいたのですが、
素敵な笑顔で踊ったり、時には涙していたのが印象的で、
主催して良かった!と思った瞬間でした。
終わってから、私のところに来てくれて
「楽しかった!ありがとう!」と何度も何度も言ってくれました。


私達ぶどぅり太鼓も出演しました。
へたくそなんだけど、大勢いる事で迫力はあったようです。
アンコールまで出てびっくりでした!
ぶどぅり太鼓でアンコールがでるなんて珍しいそうです。

観客の方いわく、
「最後に小千谷のメンバーも全員で踊って終わって欲しかった。」
「もっと、見たかった!」との事で嬉しい限りです。
踊っていて、こんなに楽しく気持ちが高揚したのは
今回が初めてで、気持ち良かったです!
| tomo | 14:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いきいきサロンに慰問
地元の「いきいきサロン」という、
高齢者の集いに慰問に行ってきました。
昨年に引き続き2回目です。
昨年も今年も沖縄の民族衣装を身に付け
「沖縄からきました〜」と冗談を言いつつ、踊りを披露してきました。
でも、どこから来たかバレバレでした・・・。
生まれ育った地域だし、昨年も同じ衣装だったので・・・。

何回も間違えてしまいましたが、
みなさんとても暖かい拍手・声援を贈って下さいました。
少しでも喜んでもらえて、嬉しかったです。

帰りには、お手製の、団子汁を頂きました。
とっても美味しかったです!

3月28日の「まーちゃんバンド・みほこんコンサート」の
PRを兼ねていたので、小千谷新聞社さんの記事にもして頂きました。


その小千谷新聞をみてびっくり!
私たちの記事の隣は、
毎週掲載される「水引集」という、
冠婚葬祭・出生の記事だったのですが、
その出生の所に、私たち「ぶどぅり太鼓小千谷支部」の
主要メンバーの子供の名前が載っていたのです。本当に偶然!?

とても嬉しかった!その大切なメンバーが、
子供と共に復帰して一緒にみんなで踊れる日を
今から楽しみにしています!待ってるよ!!!
| tomo | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「マリと子犬の物語」
地元の公民館事業で「マリと子犬の物語」のアニメ版を見てきました。
地元の子供からお年寄りまで50人位が来ていました。

この映画ってまさに中越大震災の物語だけど
皆、見るの平気なの?って素朴に思いました。
実写版を見た人は、「涙、涙・・・タオルを持っていった方がいい」
などと言ってましたが、アニメ版はそこまでではないようでした。


でも、小学校低学年の子が
途中、涙を拭っていました・・・。
それに気づいた、始まる前にはじゃれ合って遊んでいた隣の子が
口には出さないものの、大丈夫?って心配そうに顔を覗き込んでいました。
更に、それで気づいた回りの子供たちが、
それぞれの顔を覗き込み、大丈夫?って、
心配したしぐさをして確かめあっていました。
子供たちの優しい気持ちが痛かったです。
後ろの大人からも、鼻水をすする音がしてきました・・・。

午後からまた出かけようとしたら、
先ほどの子が友達と楽しそうに走り回って遊んでいました。
いい笑顔をしていて、ちょっと安心しました。
この子達の未来が明るい事を願ってやみません。

| tomo | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山古志の火祭りに行ってきました


108灯 キャンドルが灯されます


お目当ては、雪中闘牛でした。
わが子は何故か、錦鯉と闘牛が大好きで
毎日、錦鯉を見に散歩に行くのが日課です。



どちらも家で飼っている訳ではないのに、なぜ?
ここ(錦鯉と闘牛の産地)に産まれたからなのか?本当に不思議です。
東山の又従妹の子も牛が大好きで、
牛の角突き日は朝の9時からお弁当持参で行ってたそうです。
将来、両方を飼うと言い出しかねません・・・。


日本1の火祭りだそうです。
中の作りが圧巻でした。



願い事を書く紙があったので書きました。

大勢の方が、思い思いの願い事を書いていました。
皆の願いが叶いますように!
| tomo | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山の音楽隊みほこん
読売新聞社会面の全国版に掲載されてました。


みほこんの歌や人に魅了されたものの、
実はまだ彼女のことをよく知りませんでした・・・。
でも、この記事を読んで、やはり奥の深い人だと感じました。
いえ、この記事だけでも全然まだ足りてない彼女があるのだと思いました。

沢山のボランティアの方々や、仕事で関わっている方々など
色んな支援者などに出会って思うことは
各々に薄っぺらじゃない何かしらの“強い想い”があると言う事です。

3月28日のコンサートでみほこんが
歌と共に、どんなお話をしてくれるのかとても楽しみだけど、
それ以上にその後の飲み会が今からとっても楽しみです!
| tomo | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コンサートに友情出演
「山の音楽隊みほこん」が友情出演してくれます。
みほこんは震災後から小千谷入りしてくれ、
長期に渡って様々な活動をしてくれた方です。

当時は接点がなく、お互いの存在を知るだけでしたが、
昨年、みほこんが通信を送ってくれたのをきっかけに、
急接近しましたラブ

あまりに可愛くて、いい子で、小千谷の父ちゃん、母ちゃんに
愛される理由がとーってもよく分かりました。



避難解除すぐの山に小千谷の父ちゃん母ちゃんと入り、
鯉を助けたり、家財を助けたり・・・。

避難所や仮設や、道端や、山や・・・色んな所で
ヴァイオリンの音色と共に唄い、
多くの方を癒し、勇気づけたりもしました。



豪雪のあの年には仮設の雪かき、
歩いて塩谷まで行っても雪かきしてくれたようです。
その他にもたくさん・・・言い尽くせない支援だったと思います。

さらに、山菜取りして天ぷら作ったり、
餅ついたり、皆で飲んで唄たり!と、
楽しい事も沢山してきたようです。



そして、今でも、ちょくちょく小千谷入りしています。
「おら家に泊まれ!」「いや、おら家に泊まれ!」と、
沢山のお誘いがあるので、宿泊する家は決めずに来るそうです。
ある時、みほこんは困って、
ユースホステルに泊まろうかと考えたくらいのモテモテぶりです!

そんなどっぷり小千谷にはまり、
小千谷の人々に愛され、小千谷を、小千谷の人々を愛する
みほこんの作った小千谷の唄は、身にしみますポロリ

よほどの関わりがなければ、よほどの思いがなければ
この唄は産まれない!そう感じる優しい唄ですハート
是非皆さん来てみて、感じてください。癒されてください。
| tomo | 11:27 | comments(3) | trackbacks(1) | pookmark |
コンサートのお知らせ
まーちゃんバンド&山の音楽隊みほこんのコンサート
3月28日(金)午後7時から
小千谷市産業会館 サンプラザ3F(城内町)
前売り 大人1000円、小中学生500円、乳幼児無料
当日  大人1500円、小中学生500円、乳幼児無料

とても楽しいコンサートなので是非とも皆さん来て下さい!
暖かな風が吹きます。心も体もポカポカになりましょうラブ
小さなお子さんから、若者、お年寄りの方まで楽しめます。



南ぬ風人まーちゃんうーぽー プロフィール
沖縄県西表島出身のまーちゃんと、その仲間達。
「唄って踊って平和をつかめ」を合言葉に、
島唄からオリジナル曲、エイサーやパパイヤダンスなど、
子どもから大人まで誰もが楽しめる多彩なステージを展開。
『風人』(かじぴとぅ)=「自然を愛し思いやりを持って生きる人」を
表現するそのライブは大地や空、人の心に、花や木を植えていくようである。

戦争をお祭りに、砂漠を緑に、世界中を笑顔に変えていこうと
「NGO風人ネットワーク」を主宰。
平和音楽祭『風人の祭』の開催や、中国での植林、土に還る素材のCD発売など、
平和や人権、環境問題に楽しく取り組んでいる。

http://www.painukaji.com/

まーちゃんうーぽーメッセージ
今 人は 自然と共に生きることを 忘れかけている
“風” は目には見えません
でも 風がなければ 雲はながれず 雨はふらない
花は咲くことができず やがて生命は かれてゆくでしょう
人の社会にも 目には見えない “風”があります
そう 『思い』 です
人は このほし地球を 都合のいいように 変えてゆく一方で
あふれる物にうもれ
本当に大切なことを 忘れてはいないでしょうか
もう 人のためだけの 便利さを求めることは やめましょう
たとえ 小さくても ひとつ ひとつにある 思い を大切にしましょう
花の咲く大地に 生まれてよかった
鳥のなくこの地球(ほし)に 生まれてよかった
人と人は 思いでつながり 人と自然は 風でつながる
今 ここに 風人の輪が 広がってゆくことを 信じて
みーはいゆー (ありがとう)

| tomo | 18:56 | comments(5) | trackbacks(1) | pookmark |
まーちゃんバンドライブ
12月13日に柏崎にまーちゃんバンドが
慰問ライブにきてくれました。

彼らは中越大震災後にも何度も
中越入りしてくれていて、
小千谷には5回も来てくれています。
私たちは有志でライブを主催していて
そんな中で自分たちも踊ろう!
という事になり早1年半が経ちます。



まだまだ上手くは踊れませんが、
柏崎の方々に何かしらのエールが
贈れたらと思い、何人かで参加してきました。

ライブ終了後、まーちゃん達とステージ脇の
控室で着替えていたら、
お年寄りの方が訪ねてきてくれました。
「ありがとう。とっても良かったよ!元気になりました!」

次には、杖をついたおばあちゃんが訪ねてきてくれ、
「足も悪いし一人暮らしだから、普段は
あまり外には出ないのだけど、来て良かった!
本当にありがとう!また来て下さい!」



などと、わざわざ御礼を言いに来てくれるのです。
そのやりとりを見ていて胸が熱くなりました。
すごい!気持ち・言葉が届いているんだ!
歌の力って本当にあるんだ。と実感しました。

私達小千谷メンバーは
仕事をしながらだったり小学生だったりで、
週1回の練習だけだからレベルはとっても
低いけど、人に喜んでもらえ、
自分たちも楽しめる事を目標に活動しています。
(個々に目的は微妙に違うかもですが)

とうい事で12月15日には
小千谷市の老人介護施設の
「忘年会&クリスマス会」で踊ってきました。

とても喜んで貰え、アンコールでは
一緒に踊ったりでとても盛り上がり、
笑顔の沢山を見る事ができました。

小さな事しかできないけど
小さな事を積み重ねていきたい!と思いました。



| tomo | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
よりみち街道『中越』フォトコンテスト2007


10月のある日、イベントの準備作業中、
小千谷元気プロジエクトの若林さんの
「写真募集してるから出してくれない?
応募数がまだ少なくて・・・」の言葉に、
簡単に「はいはい、ちょうど稲刈り中だから撮ってみますね」
と、かる〜く受けてしまったのが事の始まり・・・。

パシャパシャ素人写真を撮ってみたものの
どれを応募すればいいのかも分からない・・・。
(いい写真がない)
とりあえず記念に出すだけ出してみました。



その後、HP http://www.yorimichi-club.jp で
去年の入賞作品を見てびっくり。
やばい!あんな写真送って・・・審査員に笑われてる・・・。
と思うこと数日、優秀賞受賞の電話がきてまたびっくり!
何でもやってみるもんだとつくづく思いました。


で、先日表彰式に行ってきました。
案内に「審査員皆様からの講評を頂きます」とあり、
技術のない旦那の写真はどういわれちゃうのだろう?
HP上では、技術の事には全く触れてなかったのは
うちだけだったし・・・。と、ちょっと心配しながら臨みました。



予想通り、審査委員長の中条さんはHPと同じ内容でした。
勿論いい写真だといっぱい褒めてくれましたが。
でも、次の展開がびっくりでした!
審査委員の新潟日報社長岡支局社長の清田さんが
「自分はこれが1番いい!(中略)
3年というのは、復興し明るい未来に向けて
動き出した中越をPRしていく節目の年だと思うのですが
これはまさしくそれを表現した素晴らしい写真だ。」
などと絶賛してくれたのです!(文章は微妙に違ってますが)

審査委員の長岡造形大学学長の鎌田さんにも
沢山のお褒めのお言葉を頂きました。
感激で胸がいっぱいになりました。

中越には素晴らしい景色・景観が沢山あります。
その景観を作っているのはそこに住む人や働く人。
私もその一員になれた事を嬉しく思います。
| tomo | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
4万人からのありがとうメッセージ

中越大震災から3年の10月23日に
伝え切れなかった「ありがとう」の気持ちを
改めて伝える復興祈念イベントを開催しました。

約4000枚のメッセージが届きました。
全メッセージを読んだのですが、
涙が止まりませんでした。

沢山の方たちにお世話になったのを改めて実感し
世の中には素晴らしい方たちが沢山いるとう
感動とともに、小千谷の人もやっぱり素敵!
とういう事も再認識でき、とても嬉しかったです。
小千谷はいい街になるな〜と思いました。


あまりにも素晴らしいメッセージの山に
今回のみの使用ではもったいない!と言う事で
新たな試みも始まりそうです。

第1段として11月14日〜23日まで
東京の表参道のネスパスに少しだけですが
展示する事になりました。
お近くの方は見に行って下さると嬉しいです。
| tomo | 18:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode