Page: 2/4  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
2008年お米作り1部分ご紹介
 

2008年お米作りご紹介

棚田の魚沼産コシヒカリ・完全無農薬(1部除草剤1回のみ)
ハザ掛け自然乾燥・有機肥料・天水田(山の湧き水)





こ今年も美味しいお米ができました!


 

 私たちが作りました。父は80歳の現役です!








3月・畦塗り

もぐら等が穴をあける為、毎年全部の畦を塗っていきます








4月・自家製の堆肥を棚田に撒きます




5月・田植え体験ツアー開催

 説明を聞いた後、手植えしました



6〜7月・雑草が繁殖!

手押し機で根を切ってからは全て手作業で、重労働です!



右は、雑草を取った後です


年間を通して・山の斜面や畦の草を刈って、堆肥にします


8月・沢蟹とり

無農薬棚田には虫も沢山います


9月・バインダーと手刈りでいよいよ稲刈りです。

今年は天候が良かったので順調!



 

9月・稲刈り体験ツアー

楽しく皆で一斉に稲束をまるけたところです。難しい・・・!



 

ハザの前で記念撮影


休憩中にバイオリンで、みほこんのオリジナル歌を聴きました。
贅沢!
癒されます!


番外4月・畦で蕗(ふき)採り

よりみち街道『中越』クラブ」フォトコンテスト佳作入賞しちゃいました

 


番外8月・東京の中学生が
農家民泊で農村体験に来ました



 

番外3月・味噌

自家製のお米と大豆で仕込みました



番外10月・安心安全なお米です

     「僕が保障します!」

| tomo | 09:49 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
テレビ大阪取材!?
昨日、テレビ大阪の方から電話が来て
和風総本家」という番組で棚田を取り上げるので
取材させて欲しいとの話が舞い込んできました。

でも、残念ながら2日前に、稲は全て刈ってしまい、
残りの作業は、稲あげ(ハザから稲を下ろす)と、
脱穀・調整のみ・・・。
稲刈り作業がないということで残念ながらボツになりました。

どこで、私たちの事を知ったのか聞くとブログだそうです。
しかも、その方は長岡出身の為、近いので是非にと思い入れがあったそうです。
残念!!!

棚田やお米販売のビックチャンスではありましたが
テレビに出ると、凄い反響で注文がくるが
実際の農家は量が少ない為、断ることが大半・・・
という話を、前に取材を受けた農家数件から聞いていたので
まあ、今だと私たちも同じ状況になりかねないので
時期尚早だったと思いましょう。

いつしか、またそんな話が来た時に
対応できるようになっていたらいいな〜〜。

それにしても、テレビ大阪さん、お電話有難うございました!。
| tomo | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
稲刈り体験ツアー懇親会
懇親会は稲刈体験者以外に
地元の「小千谷棚田を守る会」の方や
お米屋に勤める友人、知り合いのネット通販営業マン「どんぐり屋」
役所の方(個人的に)、近所の棚田農家のお父さん・お母さんなども
参加して楽しいひと時でした。



料理は近所のお母さんと私で作りました。殆ど地元産です。
ズイキの酢漬け、なます瓜の酢サラダ、のっぺ煮、
新生姜の味噌漬け、きゅうり漬け、ぜんまい煮、木の芽(息子さんが山菜採り名人)、
南瓜のそぼろあんかけ、ポテトサラダ、刺身こんにゃく、
かぐら南蛮生醤油漬け、枝豆、真人豆腐、地元ぶどう、新米ごはん、

そして、徳五郎のどぶろく、ビール、お酒。
その他にもお手持ちでお酒色々・青木屋のモツ煮、梨の
ご馳走が揃いました!
今度、ゆっくり料理習いたいほどお母さんの郷土料理は美味しかった!



途中、みほこんのバイオリンに加えて
ギターリストが登場し、花を添えてくれました。
セッションを期待していた私としては
2人の共通の曲がなかなか無くて残念でしたが
11月にある、とある村祭りでセッションする約束に発展し
私たちにまで盛り上げ役で参加してくれという
次なる楽しみに発展しました!

1次会は時間になっても全く動く気配は無く
2次会に場所を移しても楽しいひと時でした。
私も久々に2時過ぎまで起きていましたが
さすがに、降参・・・。
最後のメンバーは4時頃だったとか。若い!
いや〜〜楽しかった!
| tomo | 11:28 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
稲刈り体験ツアー

天候にも恵まれ、無事に稲刈り体験ツアーが終了しました。
雨の予報から1転、30度を越す暑さに
熱中症や、暑さで作業どころではないのでは?
と、かなり心配しましたが
田んぼに行ってみると、日陰と爽やかな風で
絶好調な日和になりました。

まずは実演
説明

殆どの方が稲刈り初体験というのに
なかなかの腕で驚きました。
農家になりたいと本気で考えているNさんは
特に凄い早いペースでどんどんと進んで、皆も旦那・父も驚いていました。

稲刈り作業開始
仲良し2ショット発見!

私は、妊娠5ヶ月なので
写真撮影したり、様子をみたりしたら
先に帰ろうか?とも考えていたのですが
あまりに皆が楽しそうに作業しているから
体がウズウズしてきてしまって一緒に作業してしまいました・・・。

また発見!いい感じ!?
僕も彼女欲しいな〜。

息子も同じで様子で鎌を持つと言い張って離さないので
一緒に稲を刈ってみました。
その後は好きにさせていたら、
あちこちをいじくり回して遊んでいました。
それでも満足したようでした。

至福の時間!

休憩時間はおやつタイム。
そして、スペシャルタイムとなりました。
みほこん作詞作曲の小千谷の山の歌をバイオリンの音色と共に
聞かせていただきました!最高の贅沢です!
5月の田植えツアーの直後に作った歌も初披露され大感激でした。
こんな贅沢は光景はまずない!と旦那もご満悦でした。

休憩後は稲を、まるける作業
女性3人で、一斉に「そ〜れっ!」
うまく回った!・・・かな?
「あ〜ゆるすぎる〜」、父「どれどれ?」
「あ〜軍手まで一緒にしばちゃった〜〜」、父「どれどれ・・・」
まるけ方講習中。真剣です。

旦那いわく、普通は孤独な作業なのだそうです。
2人で来たとしても、近くで作業することはまずないので
会話もなければ、音も無い。
でも、こんな風に楽しくできれば、それはそれで
本当に最高だ!という事でした。
ましてやバイオリンを聴ける田んぼなんて!と。

若い素敵な女性が田んぼで作業!絵になります!
こんな風景があちこちで見られたら最高!
そして力強い男性陣!かっこいい〜。
僕だって!

今回の体験ツアーはあくまでも、触りでしかなく
“楽しく、安全に体験する”という事に重点を置いたので、
そういった意味では大成功だったと思います。

またもや2ショット!いいな〜。
今度は両手に花!最高!

本気で農業をやりたいNさんにとっては
逆に物足りないものだったようですが。
どちらも大事ですね。Nさんは都合が合い、天気が良ければ
数日間また来るとの事なので、
今度は思いっきり満足してもらえればと思います!

いよいよハザかけ作業。まずは下から。
ロープが揺れて怖い・・・。
みほこん、腰が引けてる・・・
見てられない・・・プロの技披露!


皆の爽やかな笑顔が素敵でした!
何かを共に汗してするっていいですね!
皆は何を感じてくれたかな〜?
| tomo | 16:07 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
新米できました〜〜!
天気のよい日が続いたので
第一陣の、稲刈り・ハザ掛けしたお米が順調に乾き
先日、稲あげをしました。(ハザからお米を降ろす)

稲を作業所まで持ってきました。

昨日は脱穀、今日は新しく購入した調整期で調整作業です。
これで終了!あとは、精米して食べるだけ!

稲を脱穀機にかけます。
籾が出てきました。

週末の稲刈りツアーには新米を食べてもらえそうです!
旦那はこのツアー日に新米を間に合わせたくて
毎日天気予報みながらヤキモキしてました。
良かった〜間に合った〜〜。

調整期に籾を入れます。
玄米が出てきました。

参加者の皆さんお楽しみに〜〜!
って、私も楽しみ〜〜!

| tomo | 14:20 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
父を訪ねて棚田へ
午後から旦那は一人で棚田へ向かいました。
お父さんは敬老会で昼からお酒を飲んで
ほろ酔いのため今日はお休み。

旦那が出て行くのを追いかけて
息子も外へ出て行きました。
その時、私もお父さんもウトウトとお昼ね・・・。

ウトウトする事10分位たったかな・・・。
あれ!?そういえば息子は?
家の周りや、近くの公園や川、ため池などを探すけどいない・・・。
もしや旦那が車に乗せて連れて行った?
今日に限って携帯は家に置きっぱなし!


(一輪車を「ヨイショ!ヨイショ!一生懸命押します。(やらせではありません))

心配していても仕方ないから車に乗って山へ行きました。
すると2人で棚田にいるのを発見。
「連れて行くなら、声掛けていってよ〜〜〜!」と言うと、
旦那「俺もビックリしたんだ。草刈りしていたら『ぐ〜ぐ〜(お父さんの意味)』って
笑って歩いてきたんだ。今俺も会ったばかりで!」と言うのです。

息子は急峻な道を裸足で10分間歩いてきたのです。
道の半分以上はジャリ道・・・。道の片側は断崖絶壁・・・。
普段から旦那は、息子を山へ連れて行きたがりません。
危ない所だらけだから・・・。
なのに・・・一人で、どんな気持ちで歩いてきたんだろう・・・。


(勝手に運ぶ手伝いをしてくれます(やらせではありません))

帰ろうとすると、帰りたがりません。
お手伝いをする!と言い張ります。
息子は小さなスコップを持ってきて放しません。
どうやら、お父さんのお手伝いがしたくて意気揚々と歩いてきたらしいのです。

旦那は田んぼが大変だという話を日常的にしています。
どうやら、それを聞いていて、力になりたいと思ったようなのです。
2歳の子供に心配されてる・・・。
ありがたいような、情けないような・・・。


(お手伝いが嬉しくて仕方ないようです)

それにしても2歳の子供って凄い!って思いました。
その気持ちず〜〜と持ち続けてくれると嬉しいのだけど
戦力になる頃には「田んぼなんてやだよ〜〜」とかって
手伝ってくれなくなるような気がするな〜〜。
その時は、「あの頃は可愛かった〜〜」とかって、今日の話をしてやろう!

| tomo | 18:05 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
稲刈り始まりました!
いよいよ稲刈りが始まりました。
私も朝一緒に行ってちょこっと手伝ってきましたが
まだ9時だというのに暑くて暑くて・・・
そこにいるだけでヘトヘトなしょぼい私・・・。
写真を少し撮って、即退散してきました・・・。

(バインダーで稲刈り。スイスイ!)

昼間旦那に電話すると、彼もヘトヘトな様子。
どうやら1日で終わる予定の1枚のたんぼが
予定外に手間取り大変だったようです。

(バインダーが刈って、自動的にまるけて出てくる!凄い!)

というのも、水稲といわれる所以どおり
棚田はギリギリまで田んぼに水を入れておきます。
(平場の田んぼは早々に水切りしてしまいます)
だから棚田のお米は美味しいといわれる理由の1つで
大事なことなのですが、
稲刈り時に田んぼの乾きが悪いと
バインダー(手押しの小さな稲刈り機)が埋まってしまい
前に進まなく、重労働になってしまうのです・・・。

(こんな状態で出てきます)

排水が悪いために起こるので
稲刈り後の晩秋には、排水を良くするために
3日位かけて直すそうです。ご苦労さまです。

(だんだんぬかるんできた・・・やばい・・・)

平場の田んぼではこんな眼にはあわないそうです。
平場の田んぼは乾田と言い、棚田の田んぼは湿田と言うそうです。
こんな事はじめて知りました。
聞けば聞くほどに、平場の田んぼと棚田の違いに驚きます。
まだまだ知らないことがありそうです。

(今年のお米の出来はどうかな〜!?)


そして今日は朝からあいにくの雨・・・。
午後から雨の予報だったから、前日の作業を途中でやめてきたらしく
あわてて、朝から田んぼに向かっていきました。

天候に左右されながらの1作業1作業の日々が始まります。
無事に美味しいお米がとれますように!
| tomo | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
稲刈り体験で農都交流会のお知らせ
チラシができたので下記に記します。
ご希望の方は是非お越しください!


(昨年の写真。アメリカとモンゴルの留学生が体験にきました。)

「新潟県小千谷市の棚田で稲刈り&ハザ掛けの体験を通して
農都交流しませんか!」

私たちの住む山間地では棚田の畦草をかり、綺麗な水と美しい風景を保ってきました。
しかしながら中越地震によって棚田が傷み、放置されたままになっていたり、
高齢化で次世代への担い手不足も懸念事項になっています。
これ以上の荒廃を防ぎ、また更なる発展のため、
都市の人々と交流を深めて棚田保全の理解を図り、
棚田米に付加価値をつけて山間地の活性化を図っていきたいと思っています。

私の所では震災から復旧した棚田で無農薬・有機・山の天然水利用・ハザ掛けの
希少な魚沼産コシヒカリを少量ですが生産しています。
棚田や生産現場の現状、山や農的暮らしの魅力などを
多くの方に知ってもらえると嬉しいです。
日本の明るい将来を目指して農都交流で語りませんか?

稲を刈って
まるけて
ハザにかける


日時:9月20日(土)午後1時〜9月21(日)12時
集合場所:小千谷市大字小栗山2088(寺沢地区)片岡富雄宅
参加費:1000円、 懇親会:3000円(希望者)、 宿 泊:3000円(希望者)
定 員:30人(宿泊は15人まで)
申込期限:9月13日(土)(定員になり次第締め切らせて頂きます)
申 込:メールseedsasa@amber.plala.or.jp ・ FAX0258−82−3358
持ち物:長靴、帽子、タオル、雨具、着替え
(軍手、鎌は用意しますが、数に限りがありますのでお持ちの方はご持参ください)
※ 大雨の際は現地説明会とさせていただきます。


参加希望者は下記を記載してお申込ください
1氏名 
2人数   人(大人  人・子供  人)、氏名(全員)
3所属(あれば) 
4住所 
5電話番号 
6メールアドレス
7懇親会に   参加する ・ 参加しない
8宿  泊   希望する ・ 希望しない
9交通手段   車 ・ 高速バス ・ 新幹線 ・ その他(        )
10相乗り    車出せる(人数 人、集合場所     )・乗せてもらいたい( 人)・不要
11送  迎   希望する ・ 希望しない
(池袋8:05分発の高速バス、小千谷インター12:07分着の送迎)

※ 新幹線利用の方は小千谷駅からバスに乗り、降りたバス停でお待ちください
新幹線:東京発10:12→浦佐着11:43  
上越線:浦佐発11:53→小千谷着12:20
バス(塩谷行き):小千谷駅角12:35発→寺沢着12:45頃
(バスは駅前には停まりません。駅を背にアーケード右側の郵便局近くになります)
| tomo | 14:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
稲が心配
ここ数日、凄く強い雨が降り、ご飯の際の話は田んぼの話で持ちきりです・・・。
毎日、田んぼの水の話をしているけど私にはイマイチ分かりません・・・。
昨日は急に寒くなって、なんだか今年は異常気象だし・・・心配。

稲の花が咲ききってからの大雨ならお米にあまり影響しないけど
その前だと、お米の実りが悪くなるのだそうです・・・。
旦那は「多分ギリギリ大丈夫だと思う」
と言っていたので一安心かな。
なんだか気が抜けなくて大変。

今年も無事、美味しいお米が収穫できますように!



| tomo | 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
猛暑の中の草取り
先週は異常に暑かったですね〜。
旦那は田んぼの草取りが追いつかないと焦りの日々でした。

雑草は強い!

朝8時に出かけたと思ったら9時30に帰ってきて
「心臓がバクバクする!暑すぎて全然能率が上がらない・・・
今日はもう限界・・・明日の朝もっと早く行く」
と言って、くたばっていました・・・。



翌朝は4時に起きて8時頃帰ってきました。
朝早ければ、まだ涼しく作業ができるものの
それでも、暑くて大変だそうで、
しかも、稲がだいぶ伸びたため、稲が顔に当たって痒いのだそうです。
「もうやめた!もういいだろ〜許して〜」と言っていました。

(とった雑草も暑さですぐカラカラに!)

許すも何も、朝寝坊している私がとやかく言えません・・・
草との格闘の日々ご苦労様でした。

もう少しで穂が顔を出すかな?と先週話していたら
(この膨らんでいる辺りまで穂が来ているそうです)

今週には穂が出始めたそうです!
| tomo | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode