スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
震災から5年 その3
 

「ありがとう券 山本山」は今回の為に作成したものではありません。

これもまた、支援してくださった方が作ってくれたものでした。

そして5年間寝ていたものでした・・・。

 

震災が起き、実家も、近くにあるじいちゃん家も、

たぶんもれなく家の中は凄いことになっていました。

じいちゃんの家の大きな押入れには

80年間の結晶が沢山入っていました。

それは、冠婚葬祭の際にいただく贈答品の数々でした。

私はそれらを片付けながら、ふと思いました

「これらを片付けても、また何十年もこのままここに置き去りか・・・!?」

全ては使い切れないものばかり。

我が家は使い切れなくても、これらを必要とする人が今なら

すぐ近くにごまんといる・・・。

これらを、なんとか必要な市民に渡せないものか!?

 

すぐにネットで調べると、三条水害の際に

楽市楽座無料フリマをした人がいる事がわかり

連絡すると、小千谷にボランティアにしょっちゅう来ているという!

そして、相談し小千谷でも無料フリマ楽市楽座が開催されました。

一部始終を見ていた彼は小千谷はいい街になる!と確信してくれていました。

そして、三条でやっている地域通貨「らて」をお手本に

小千谷でも地域通貨をしないかと薦めてくれました。

そして、この券を作って「自由に使ってくれ」と置いていったのです。

私は興味はあったものの、そこまでの気持ちはなく

いつか何かに使えれば・・・と暖めておきました。

 

そして、夢メッセージの打ち合わせの際に、

何か記念に持ち帰るものを!の言葉に

持ち出して改めて見ると、なんとなんと、

まさに私達が使う為につくられた券そのものでした!

 


「ありがとう券」「つながれつながれ小千谷の気持ち」

「全ての立場の枠を超えたお助け上手 お助けられ上手となり 

ありがとうの気持ちを循環させ

地域の復興と自立を目的とする道具です」

と、記載されていました。

 

5年前の混乱期に作ってくれたこの券が

今を見透かしたように作られていた。

いや、5年前も今も、変わることなく、

こういう事が実現していたからこそだろうな〜〜と思いました。

 

久々に作った本人に連絡をとると

「丁度、見て欲しいものが出来上がって、連絡して行こうと思っていた!

あ〜〜あの券ね!忘れかけていたよ・・・使って使って!

でも、あのサイトはもう使えないな〜〜」

 

という事で、サイトはありませんが

2014年10月23日に改めて「ありがとう!」

を発信できたらと思います。

 

それまでの間に、券にあるように

「ありがとうの気持ちを循環させ地域の復興と自立」

でいっぱいになっていたらいいな〜〜。

| tomo | 13:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 13:13 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode