スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
震災から5年
 

震災から3年を控えた2年前の夏、

小千谷の本町に住む女性が訪ねてきて

「震災の際には全国の方々に本当にお世話になった。

でも、あの時は余裕がなくて、いっぱいいっぱいで

ちゃんとお礼も言えてなかった・・・。

あんなにお世話になったのに・・・。

今、この3年のこの時を逃しては駄目だと思って!

どうしても、”ありがとうを伝えたくて!!!!”」

などなどと、あつ〜〜い思いを語り、協力してくれと言われた。

 

初対面の彼女の気持ちは痛いほど理解できた。

でもどうすれば???どうしたいの???

最初のうちは、周りの人々も???

でも、彼女の熱い気持ちに賛同者が現れ始め、

ついには、

中越大震災から3年

〜4万人からのありがとうメッセージ〜企画が動き始めた。

 

それでも最初は半信半疑だった・・・。

でも、声をかけると、大半が好意的。

そして、集まったメッセージを読んで、驚いた!!!

こんなにも一人一人にドラマが有ったのかと。

全国の方々の暖かさと共に、小千谷の方々の素晴らしさを感じる

それはそれは素晴らしいものばかりだった。

 

ほぼ全部を読み、これは凄い小千谷の財産だ!と感じた。

いいだしっぺの実行委員長に今でも感謝しています。

5年たっても、きっと何十年たっても、

このメッセージは色褪せない!むしろ逆だと感じた。

3年のイベントが終わり、

「次のメッセージはなんだろうね?」

「その時にならないと分からないものかもね。」

「その時に自ずと決まるよね」と、話した。

 

そして、自ずと出たメッセージは

「夢」だった。

5年目にして、やっと将来の事を思えるようになった。

これはきっといい事なんだろうと思う。

「夢なんてない」「何の希望もない」なんて言う人も結構いる。

私の母もそう・・・。

年をとると将来の夢なんて考えることもないし

実際にも無いように感じる。

でも、普段は意識してないからそう思うけど

実際は、あるものだと思う。

だからこそ、ちょっと考えてみるのもいいものだと思う。

 

もし、本当に自分自身の夢や希望を思い描けなかったら

地域や、他人の事で夢を描いてもらえたら尚いいと思う。

「孫や家族の幸せを願う」も良いし

「世界中の人が平和に幸せになって欲しい」と言うのもいい。

 

「世界中の人が平和に幸せになって欲しい」という気持ちこそが

私達が震災にあった際に、

全国の方々からいただいた気持ちそのものだと感じるから。

 

大きな震災に遭ったからこそ、

私達は他人の幸せを願わずにはいられないのかもしれないし、

何か出来ることがある筈と思う。

 

震災から5年を向かえ、改めて、全国の方々に「ありがとうございました」

そして願わくは、「世界中の人に幸あれ」

 

| tomo | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:06 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode