スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
嬉しいお便り
我が家の男性陣は生産に関しては
何十年の経験があり玄人なのですが、
販売に関しては全く経験がありません。

震災前は自家米と縁故米(親戚や知人用)以外の
残ったお米は地元の業者に売っていたのですが
これが安い!安すぎる!と、私は感じていました。
「無農薬で有機肥料栽培で、ハザ掛け乾燥で
山の湧き水利用で、棚田の魚沼産コシヒカリ」
となると、殆ど市場には出回らず、
ネットで探してもこれだけの条件の揃った
お米は検索できないほどなのに・・・。
近い条件のお米の値段はかなり高い値段なのに・・・。

お米は業者の手に渡ると
その後はどうなったのか全く分かりません。
業者で他のお米と混ざってしまうらしいのです。
絶対量が少ないから、
わざわざ棚田米とか、無農薬米とかなどと
分けていられないのだそうです。
せっかくの特別米なのに・・・。
仕方ないけど・・・もったいないのです!!


せっかくのこだわり米を直売したい。
見合った価格設定にしたい。
そしてわかってもらえる方に食べて貰いたい!
と思い、今年の10月、
地元で行われる闘牛大会会場で
我が家のお米を初めて直売してみました。

色々調べて、悩んで悩んで値段を決めました。
男性陣は「そんな値段では売れないのでは???」
信じられない!といった感じでした。
地域の人の目があり、恥ずかしいというか、
申し訳ないというのが本音のようでした。
井の中の蛙で、自分たちのお米の価値の凄さに
気づいていないのです。

そうはいっても私もちょっと心配でした。
でも、これが売れたのです!(大量ではありませんが)
とてもとても嬉しかったです!


そして、先日こんな嬉しいFAXをいただき、
感無量でした!
これからもいいお米を作り、
いい形で販売していきたいと願ってやみません。

| tomo | 18:29 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:29 | - | - | pookmark |
Comment
山のだんだん田圃で、手間をかけて作った米は、本当に里の開田で機械化されて作るのとは、価値がちがいますよね。私も、6年前まで自家飯米ブラス親戚にオスソワケぶんやっていたので、よくわかります。作り手の立場を考えると、いくら高くても良いと思うのですが、相場的には、1俵5万円前後位は妥当だと思いますけどね。苦労が報われる販売をこれからも頑張ってください。
Posted by: oyaji |at: 2007/12/06 9:41 PM
oyajiさんへ
生産者側の貴重なご意見ありがとうございます!
棚田でお米を作るって本当に大変な作業ですよね。
でもその分、可愛いくて愛着があって、できるだけ手渡ししたいって思います。嫁にやるみたいです。
Posted by: |at: 2007/12/08 4:52 PM








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode