スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
やるまいか!新潟中越やまさと交流フォーラムに参加2
「優秀な若者が海外に、ジャイカなどで出て行くが
日本版ジャイカを小千谷で作ったらどうか?」
という案に私は1票を投じました。旦那も(示し合わせていません)。

パネルディスカッションに参加したメンバー4人で
打ち合わせから当日まで色々話し合った結果
1番問題になったのは「人材がいない・・・」ということでした。
高齢者の生産技術や知識は本当に素晴らしいものがあります。
でも、それに続く若手がいない・・・。
若手がいない理由は多々あります。
一筋縄ではいかない問題が沢山あります。

でも、何もしないでいるよりは何かしていけば
何かが起きるかもしれない!
そんなパワーも地方にはあると思うし、
多くの人が気づく日がくると信じています。

事実、震災後に来てくれたボランティアの若者の中に
山の暮らしや高齢者の魅力にはまり、共感する人が
少なからずいたのです。
地元の若者には気づけないものを都会の人が気づいていました。
私はその事をとても嬉しく思い、何とかいい形に出来ないものかと思いました。
でも、簡単に移住したり、転職したりは出来ないのも事実でした。
特に農業に転職するのは至難の業です・・・。

でも、中には「田畑も機械も全部使っていいから農業やらないか?」
「息子夫婦はいるが全く農業をやる気がない・・・やる気があれば1から教える!」と
若者ボランティアに提案してくる農家もいました。
それを聞いた若者が私に相談してきました。
「やりたい気持ちはある。でも、すぐ結論は出せない。もっと色々外を見たい」と、
その気持ちをそのままぶつければ?と話すと
偶然にもまた会ったそうです。そして向こうから
「色んなところを見てきた上で、それでも来たいと思ったら来ればいい」と
言ってくれたと喜んで話してくれました。

こんな出会いはなかなかあるものではないと思いますが
こういう農家と若者がもっと出会える環境がこれからは必要だと思います。

そういう意味でもジャイカがどういうものか良く分からないけど
なにか仕組みがあるといいな〜〜と痛切しました。
| tomo | 16:14 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 16:14 | - | - | pookmark |
Comment
当日は、本当にありがとうございました。
拙いコーディネーターで大変お恥ずかしいですが、
最後に、みなさん笑顔で帰られたのを見て、
ひとつ新しい交流の場を作れたかなと思っています。

WSの内容については、近日中に
道州制.comのサイトにアップされる予定だそうですよ。
今度、稲刈りのときにでも、
現場を目の前にまた議論の続きをしてみたいですね。
Posted by: 川 |at: 2008/09/07 1:36 AM
管理人さん、メールありがとうございました。
私もフォーラム、懇親会を通じて、管理人さんと似たようなことを考えていました。
農業の経験が無い都会の人達が、後継者がいない農家の仕事を受け継ぐことは、実は立派な「起業」ではないかと。そして彼らには、起業するための資金や技術面、精神面でのサポートはどうしても必要になると思うのです。
そこで、小千谷には、農業をはじめとした起業をサポートする仕組みがあったらいいのではないかと。
管理人さんは既にご存知かもしれませんが、岩船地域には『NPO法人都岐沙羅(つきさら)パートナーズセンター』という、地域での起業を支援する組織があります。そこは設立して8年たつのですが、地域にいろいろなビジネスが立ち上がっています。
小千谷では、都会の若者を支援したいという農家があるとのことなので、最初に農家版のパートナーズセンターっていうのを考えてみるのもいいのかもと思いました。
これによって、小千谷のまちづくりの力がパワーアップしていくといった展開につながったら、うれしいなと思いました。
えらそうなこと書いてすみません。
稲刈り楽しみにしています。
では、また。
Posted by: Y.U |at: 2008/09/07 10:29 AM
川さん
こちらこそ素晴らしい機会を作っていただき有難うございました。
質の高い人々で非常に有意義でした!
WSの内容やアンケート楽しみです。
稲刈りツアーも盛り上がること間違いなしですね!

Y.Uさん
「農家版のパートナーズセンター」いいですね〜〜!
ありそうでないし、県とかで既存のものもありますが現実あまり役にたってない・・・。
農家と有能な若者が結びついていったら凄いパワーになりそうですよね!
稲刈りツアーでの議論が楽しみです!
Posted by: tomo |at: 2008/09/08 11:50 AM








Trackback

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode