Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
雪の棚田
 お正月休みは、麹菌作り・味噌作りで忙しかったけど
子供はそんなこと関係なくパワーを持て余していました。

疲れさせるために、外に出て雪だるまを作ったり、
雪合戦したりしたけど、まだまだパワーが溢れてる・・・。

散歩に誘うと「行く!」と言う。
そして、山の方へ歩き出す。
山道にさしかかると、除雪はされてなく、当然雪道。



私はなるべく雪の少ない方を歩くが、息子はわざわざ雪深いほうを歩きたがる・・・。
途中の分かれ道、友達の家に通じる道の方に行こうと提案するが
「こっち!」と、棚田へ行く道を譲らない・・・。

それにしても、すぐ引き返すだろうと思いながら
「そろそろ帰ろ!?」と、何度言ったことか。
頑として譲らない・・・。

まさか、棚田まで行く気か〜〜!?
恐る恐る「どこまで行くの?」と聞くと
息子は「田んぼ!」

なんたる事か!どこまで棚田好き?それとも何か理由あり?
彼の真相は分からない。

そして、もう勘弁してくれ〜〜の私は
棚田の1歩手前の畑に着いた時
「わ〜〜棚田まで来たね〜〜!雪がいっぱいだけど、壊れてないね!」
「来年も田んぼでお米作れるね!お父さんとじいちゃんに報告しようね!」と
大げさに喜ぶ・・・・。息子は満足したらしい。



おやつを食べさせ「さあ、帰ろ!」と言うと
足を一歩踏み出したが、上手く足が出なかった。
すぐさま「抱っこ〜〜」「抱っこ〜〜」

確かに、登りはいいが、下りは雪が深くて上手く歩けないらしい・・・。
それに疲れたのだろう・・・。この辺がまだ2歳・・・。
仕方なく臨月の私は息子をおんぶして雪の山道を下りました。

家に着くと今度は家に入りたがらない。
「お父さんに怒られる〜〜嫌だ嫌だ〜〜」

過去に一人で棚田に歩いて行った事があり、
怒られると思っている様子。
「一人じゃなかったでしょ。私と一緒だったから大丈夫だよ!」
と言っても、効き目なし。

「怒らないようにお願いしてあげる!」と、
半ば強制的に家に連れて行き、大げさに褒めてもらい、
なんとか事なきを得てヤレヤレ。

と、思ったら・・・
昼寝から起きた後、なんか様子がおかしい・・・
熱が出てしまった・・・。
でも、夜中のうちに熱も下がり朝起きた時は、すっかり元気!
恐るべき息子のパワー。

でも、反省の私でした。
それにしても、どんな気持ちで棚田に行ったのだろう?
真相がしりたい・・・。
正月からやらかしてしまった馬鹿親子でした・・・。










| tomo | 17:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山育ちは素敵
菜の花祭り前夜祭開催地の戸屋出身のお客さんが
「来てくれたんだって!俺も行ってたんだよ。菜の花が綺麗だったろ?」と言うので
「暗くて分かりませんでした・・・残念ポロリ」と言うと
「おら家の畑に咲いているんだイヒヒ」と言うのです。

このお父さんとは最近知り合ったのですが
息子さんは昔、私が勤めていた職場の先輩でしたぴかぴか
先輩といっても年齢は私のほうが上ですが。

この息子さんが、仕事のできる人で、体が利いて、気も利いてぴかぴか
外仕事も安心して任せられると周りの上司にも信頼を得ていましたぴかぴか
外仕事というのは、看板をセットしたり、ロープ縛ったり、様々です。

今の若い人は私も含めて、そういった作業が殆どうまくできません・・・たらーっ
ロープ1本しっかり縛れません・・・汗
看板立てても、後から補修しないといけない低レベル・・・汗
でも、当時20代前半の若い彼はなぜ出来たか?
そういう事が出来る環境に育ったからウィンク
きちんと親から(親じゃない周りの人かも)習い、
家や地域の仕事を手伝ってきたからウィンク
自然と身についたのだと、思いました。

どんなに教わっても、街場の者には簡単には習得できないようでした。
”三つ子の魂百まで”とはよく言ったものですラッキー


飲み会の席で初めてお父さんに会った際、
思わず「いい育ちしてますよね!山の子は育ちが違いますぴかぴか
みたいな話をしましたが、きちんと伝わっているかな?
変な風にとってないかな?と思っていたところ、
春から何回もお店に買い物に来てくれ話しかけてくれるので
大丈夫のようです。良かったラッキー

子供の頃から野山に遊び、自然の中でたくましく成長すると
幅広いな人間になるんだろうな〜〜。
勉強やゲームばっかりじゃあね・・・。

| tomo | 14:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
流行はあやとりと山菜採り!?
踊りの練習の時、
息子が小学生や幼稚園のお姉ちゃん達に
可愛がってもらったり、オモチャもらったりしているので
私でなくたらーっ
母があやとりを編んでくれ、プレゼントしました。



すると「今、学校で流行ってるんだよ楽しい」と
とても喜んでくれました。

すると、東山小学校の子が
「え!?そうなの?うちは流行ってないよ」と言うので
「じゃあ何が流行ってるの?」と聞くと



お母さんが「山菜採り!」と言うのですびっくり
「さすが東山小!」と言うと、
お母さんは「あ、小学生じゃなくて、ババ達で流行ってるんだたらーっ」と、訂正。

「びっくりした〜でも本当にそうだったらカッコイイねウィンク」と言うと
「私達が小学生の時は、活動費集めで山菜を採り、市場に集荷したんですよ」と
教えてくれました。

廃品回収はよく聞くけど、山菜採りは初めて聞きました。
数万円になったそうですぴかぴか

ブラボー東山小学校チョキ



| tomo | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
山と街のつながり

我が家の裏山にも沢山の木が植えてあります。
お米を乾燥させるハザ木(スギの木)もあります。

亡くなったじいちゃんが植えた木は今この位の大きさ、
おやじ(義父)の木は今・・・
俺(旦那)の木は今・・・
そして来春は息子の木を植えます。

(屋久島の1000年杉)
「杉は100年、檜は200年かけて建材になります。
人間の1世代が30年とすると
杉は3世代、檜は7世代かけなければなりません。
しかも下草刈や枝打ち、蔦きり、間伐など
たえず手を入れてやっと建材になります。

いつか産まれてくるだろう子孫のために
手入れをするのです。

そして山全体の風通しや、村全体の治水など
今で言う環境保全を考えてながら手入れをするのです。
(中略)
里山と一体になった農村や山村が山を守り
水源を管理してきたからこそ
平野部の農村も都市も機能してきた。

世界でもまれに見る豊な日本の山や緑や河川、
海の環境を保全する事こそ
国全体の「仕事」ではないだろうか」
(「ダイコン1本からの革命」著者:藤田和芳より引用)


街場に住んでいた頃はこんなこと
考えてもみませんでした。
山の暮らしが、山の手入れが
私たちの生活に直結しているなんて!

でも、難しい事を言ってもピンとこないし
暗くなっちゃうから、
なんか楽しくやりたいな!って思います。
誰かに怒られそうだけど・・・。

春になったら杉を30本〜50本植えます。
マイツリー植えたい人いませんか〜?
| tomo | 18:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode