Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
おぢや復興交流フェスティバル(講演)
 4年前の中越大震災時の小千谷市のボランティアセンターの
副本部長だったMさんの講演を聞きました。

当時の話を少しは直接聞いたり、当時(ちょっと遅れて)同じ空間にいたりしたものの
改めて、その大変さを知りました。
何万人のボランティアさんの命を預かったり、
日々刻々と変わる状況下、即決していかなければならない重圧、
挙げたらキリがなく、大きな決断の山・・・。
本当に凄い人が小千谷にいてくれたものだと思いました。

当時、全国からボラセンに来てくれていた長期スタッフの多くが
「小千谷はラッキーだった!Mさんが副本部長で!」と語っていました。
その人望は厚く慕われていた事は言うまでもありませんが
とにかくもてていました。
しかも、大の男が「男惚れする!」とよく口にしていた事を鮮明に憶えています。
勿論女性にも人気がありました。

話がそれましたが、
講演を聴いていた方々が、頷いたり、目頭を押さえたりしながら
聞いていたのが印象的でした。

Mさん曰く、講演する機会は多々あるものの
地元小千谷で話すことは殆どなく
知り合いが多いこともあり、1番話づらいですが・・・と
おしゃっていました。

でも、小千谷市民だからこそ、この話は聞いて欲しい!と
痛切に感じました。

そんな機会をまた設けて頂けたら幸いです!
ね!カルロスさん!




| tomo | 16:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
やるまいか!新潟中越やまさと交流フォーラムに参加2
「優秀な若者が海外に、ジャイカなどで出て行くが
日本版ジャイカを小千谷で作ったらどうか?」
という案に私は1票を投じました。旦那も(示し合わせていません)。

パネルディスカッションに参加したメンバー4人で
打ち合わせから当日まで色々話し合った結果
1番問題になったのは「人材がいない・・・」ということでした。
高齢者の生産技術や知識は本当に素晴らしいものがあります。
でも、それに続く若手がいない・・・。
若手がいない理由は多々あります。
一筋縄ではいかない問題が沢山あります。

でも、何もしないでいるよりは何かしていけば
何かが起きるかもしれない!
そんなパワーも地方にはあると思うし、
多くの人が気づく日がくると信じています。

事実、震災後に来てくれたボランティアの若者の中に
山の暮らしや高齢者の魅力にはまり、共感する人が
少なからずいたのです。
地元の若者には気づけないものを都会の人が気づいていました。
私はその事をとても嬉しく思い、何とかいい形に出来ないものかと思いました。
でも、簡単に移住したり、転職したりは出来ないのも事実でした。
特に農業に転職するのは至難の業です・・・。

でも、中には「田畑も機械も全部使っていいから農業やらないか?」
「息子夫婦はいるが全く農業をやる気がない・・・やる気があれば1から教える!」と
若者ボランティアに提案してくる農家もいました。
それを聞いた若者が私に相談してきました。
「やりたい気持ちはある。でも、すぐ結論は出せない。もっと色々外を見たい」と、
その気持ちをそのままぶつければ?と話すと
偶然にもまた会ったそうです。そして向こうから
「色んなところを見てきた上で、それでも来たいと思ったら来ればいい」と
言ってくれたと喜んで話してくれました。

こんな出会いはなかなかあるものではないと思いますが
こういう農家と若者がもっと出会える環境がこれからは必要だと思います。

そういう意味でもジャイカがどういうものか良く分からないけど
なにか仕組みがあるといいな〜〜と痛切しました。
| tomo | 16:14 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
フォーラム主催者の熱い思い
主催者の1人である方からのメールを本人の了承を得て
下記にそのまま転載させてもらいました。
小千谷市の災害ボランティアセンターで長期にわたり活躍してくれた女性です。
この気持ち凄いです!ありがたいです!涙が出そう・・・。



この度、東京・表参道の新潟館ネスパスにて、
「新潟中越やまさと交流フォーラム」と題するイベントを、
開催できる運びとなりました。
詳細は、末文のお知らせをご覧ください。
*告知は8/23(土)新潟日報に掲載予定です。

小千谷市の宮崎悦男さん(立ち上がれ!中越プロジェクトなど)、
片岡富雄さん、朋子さんご夫妻(中越 棚田福幸の会など)に
パネリストとしてお越しいただく他、
小千谷の戸屋集落からも何人かが上京され、
震災5年目を前に、都会と地方のパートナーシップによる
地域づくりを考える交流の場となる予定です。

私自身、ひとりの災害ボランティアとして
100日を小千谷で過ごしたことをきっかけに、
「都会からでも、緩く、でも長く、確かな支援を
することはできないのか」と考え続けながら、
これまで公私にわたって東京から交流を続けてまいりました。

生まれ故郷、そして第二の故郷である、
大切な場所、そして懐かしい人たちのために、
そして、大仰ながら、全国の中山間地のために、
都会に住む私たちができることはなんだろう。
一方向の支援ではなく、
双方向のパートナーシップの中で、
ともに地域を磨いていくことができないだろうか。

そんな疑問と、実際に小千谷で
都会との協働による地域づくりに携わってこられた、
パネリストの方々の問題意識とが一致し、
また、共感してくださった「道州制.com」の協力を得て、
今回このような催しものを開催できることとなりました。

新潟中越でお世話になった皆さまに、
ぜひこの場づくりにご協力、ご支援をいただきたく、
お願いを申し上げる次第です。

当日は、イベントの後に、
ネスパス地階での懇親会も予定しております。
さまざまな形で中越復興に携わってこられた皆さまの、
東京での交流の場になりましたらと願っております。

当日のご参加、ならびに
知人・友人、関係先の皆さまへの告知など、
心よりお待ちしております。

長文となりましたが、
以上、何卒よろしくお願いいたします。
| tomo | 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
フォーラム開催のお知らせ
主催者の文章をそのまま下記に引用させていただきます。


★やるまいか!新潟中越やまさと交流フォーラム
   〜地方と都会のパートナーシップ〜

『中越地震から4年、美しい棚田の広がる新潟中越の
中山間地域では、今、都会の人々とのパートナーシップに
基づいた地域づくりを目指しています。
 農業と食、コミュニテイビジネス、災害復興支援、
地方と都会の交流に興味のある方は是非!』


★日時:2008年8月31日(日)13:30〜16:30
★会場:表参道・新潟館ネスパス3F
    東京都渋谷区神宮前4-11-7(表参道ヒルズとなり)
     http://www.nico.or.jp/nespace/access.html
★主催:新潟中越やまさと交流プロジェクト
後援:中越復興市民会議
    小千谷市
協力:道州制.com
★開演:13時30分(開場:13時)
★ 定員:60名
★タイムスケジュール
 【フォーラム】
 13:00〜13:30 受付
 13:30〜13:35 挨拶
 13:35〜14:20「地方と都会のパートナーシップ」
             基調講演 宮崎悦男さん(小千谷市議)
             パネルディスカッション 宮崎悦男さん、片岡富雄&朋子夫妻(小千谷農家)、他
 14:20〜15:45 ワークショップ
 15:45〜16:15 各グループより発表
 16:15〜16:30 まとめ
 【懇親会】
 17:00〜19:00 懇親会(費用は別途)
★講演、パネルディスカッション演者
 【宮崎悦男さんのプロフィール】
   小千谷市本町でネット事業を手がけるアンシャンテ株式会社代表取締役。
   2004年度社団法人小千谷青年会議所理事長。同年の中越地震で自宅、会社が被災する中、
   小千谷市災害ボランティアセンター副本部長を務める。
   その後、地元経済復興のため、立ち上がれ中越プロジェクトを企画。
   1000万円以上の義援金を集める。現在、社団法人中越防災安全推進機構理事など。



 【片岡富雄さん&朋子さんのプロフィール】
   小千谷市東山の棚田で、農薬を使わず、山の天然水とはざ掛けで希少な米
づくりをする農家夫婦。
   2004年の中越地震で被災、復興の最中で出会う。「中越棚田の復興から福
幸へ」を主催し、
   都会や地元の人に田植えや稲刈り、畑や味噌作り体験を通して、生産現場
の実情や農的暮らしの魅力
   をPRする活動を 行っている。
★フォーラム参加費用:1,000円
★懇親会参加費:3,000円(ご希望の方は下記記載の申し込み用紙の懇親会参加に
○印をつけて下さい。)
★申し込み方法:1.メール、2.FAX にて受付
    新潟中越やまさと交流プロジェクト事務局
    1.メール:*forum200808@gmail.com
   *****2.FAX:*03-5476-2722
*※参加ご希望の方は、_8月26日(火)_までに出欠の是非を、上記のメールアドレスORファックス
にお申し込み下さい。
| tomo | 15:59 | comments(10) | trackbacks(0) | pookmark |
芽多花の学校の楽習う会
少し前になりますが、芽多花の学校の集まりに参加してきました。
小千谷には様々な地域おこしのグループがあり、盛んなのに
それを繋ぐ横糸がないという事で出来た横糸らしきものらしいです。

今回は地元の酒蔵見学と、講演、懇親会が行われました。





酒蔵は想像以上に興味深いものでした!
私は殆どお酒はのめないのに、
色々な説明を聞いたり、質問したりしていく内に・・・


どうしても飲んでみたくなり
何年ぶりに、ちょっと利き酒してしまいました。
フルーティーで少し炭酸があり、とても美味しかったです!
でも、利き酒で酔っ払ちゃいました・・・。


懇親会では、様々な方に会い、お話を聞けて
とても有意義でした!
色んな町起こしがあり、色んな熱い思いの人がいました!


ある地域のお祭の実行委員の方から
私達がやっている「ぶどぅり太鼓」への
オファーもちゃっかりいただきました。
| tomo | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
グリーンツーリズム講座に参加

小千谷市の「真人温泉ふれあいメゾン」裏の
「田舎っぺ」で開催され参加してきました。
かやぶき家屋で、昔ながらの
日本家屋そのもので素敵な空間でした。
(写真撮影忘れてしまいました・・・)

個人的にも借りれますし(有料)、
宴会で料理を注文すると無料で貸してくれます。
何年か前に忘年会で利用しましたが
郷土料理がとっても美味しかったことを
憶えています。
お酒をつぎに行くのが忙しくて
ゆっくり食べれなかったのが
今でも心残り(食べ物への執念は怖い!?)
そのくらい美味しいのです!


ところで講座ですが、
ワークショップ形式で
「グリーンツーリズム 未来像をつくりましょう」
・成りゆきの未来(2・3年後)と
・達成可能な未来・こんなになっているといいな(10年後)を
各自が書き、発表するというものでした。

全体的に成りゆきの未来は暗く、
達成可能な未来は明るいものでした。
どうなっていくのでしょう!?
どうしたら達成可能な未来になるかを
次回の講座で話し合う予定です。

ちょうどそのタイミングで?
町内会長からグリーンツーリズムの
話が舞い込んできました。
来年8月に東京の中学生を民泊させ、
田舎体験の案内をするという話でした。
我が家は勿論OK!と返事をしました。
どんな子達が来るのか、どんな内容になるのか
今から楽しみです!はまってくれると嬉しいな楽しい
| tomo | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode