Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
小千谷金時作り
まだ寒い3月のある日
お父さんが、イモ穴からサツマイモを取り出しました。
いよいよ、苗作りの始まりです。
寒いと、イモが腐ったり、凍みたりするのですが
今年も大丈夫でした。まずは一安心でしたチョキ

イモ穴です。糠と一緒に入れて冬の間貯蔵。

ここでも、不思議話。
昔から、小千谷でサツマイモが腐らずに保存できたのは
我が家のある東山の寺沢地区と、小粟田地区だけびっくり
(最近は温暖化の影響か!?他の地域でも出来るようになったようです)
なんで、寺沢!?もっと、雪の少ない地区や暖かい地区があるのに。
湿度の関係か、水の関係か・・・誰にもわからないそうです。

イモを並べる。

だから、昔は寺沢では多くの家で
サツマイモの苗起こしをしていたそうで、大産地とまではいかないものの
この辺では有名な産地で、遠方からもお客さんが来ていたそうですぴかぴか


しかし、時代の流れとともに、苗お越しをする家も減り、
今では2軒のみとなりましたポロリ
その内の1軒が我が家なのですが
我が家も存続の危機がありました。
あの震災です・・・ポロリ

地温を上げるため土と糠をかぶせる。

当時のお客さんの大半は、地元の東山と浦柄と山古志の人。
畑どころではないため、お客さんは見込めないポロリ
もうやめようか・・・とも思ったけど、
あの美味しいイモを無くすのは勿体無いし、
あれを食べたら他のでは満足できないからと、
父が自宅用だけでもいいからと作る決心をして、
ほんの少しの量だけを確保していたのでしたウィンク

芽が出てきた!一安心!

その後、縁あってその家に嫁いで初めて
そんな凄いサツマイモ苗が現存することを知った
種苗店の私が見逃すわけがありませんイヒヒ

翌年から出来るだけ沢山作ってもらうようお願いして
お店で販売し、大好評で今に至っていますぴかぴか

だから今年も沢山種芋用のサツマイモを作りたいのに
雨が・・・。

1番苗の出来上がり



そうだ!まーちゃんバンドだ!
って、唐突に何故かって!?
まーちゃんが歌うと、風が吹いて雲を呼び、雨を降らせるという
伝説があるから・・・。本当かよ!って思うけど、
実際のライブの日には本当は降って欲しくないのに
不思議と降るんですよね・・・。
雨も雪も・・・。異常にたくさん(笑)

お願い!大阪から風を新潟の小千谷まで吹かせてください!

と、思ったら、今日やっと少し降りました。
でも足りないな・・・。
| tomo | 20:31 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
サツマイモ「小千谷金時」
どうしてもサツマイモ苗を絶やしたくないのには
理由があります。
このイモは旦那の家の方が何十年前に県外から取り寄せた
“金時”というイモを元に、毎年作り続けた結果、
最高傑作の品種に進化!?した物なのですぴかぴか

というのも、金時イモは元来、味は天下一品だけど、
苗が弱く、病気にも弱い泣き顔と言う欠点のある品種でした。



ところが、旦那の実家で作り続けていたら
苗は強いし、味は天下一品だし、病気に強く、
作りやすく、貯蔵性も良し!の、
最高傑作に生まれ変わったのですぴかぴか
「小千谷金時」もしくは「寺沢金時」とでも名づけましょうかイヒヒ

寒い小千谷の地で身を守るために
強くなっていたのでしょうか!?
不思議でたまりません!!
| tomo | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
サツマイモ植え
我が家(嫁ぎ先)ではサツマイモ苗の生産販売をしています。
そのため、毎年何千本もの、サツマイモの苗を植えて
種芋を作っています。

種芋を並べている所

その苗を植えるのに雨が欠かせないのですあめ
雨がないと、土が乾くので、苗を植えても枯れてしまう可能性が高いのです。
あまりにも雨が降らないから、駄目もとで先日、植えてはみたものの
どうなる事やら・・・モゴモゴ
植えなおしかな・・・!?

苗の出来上がり

家庭で食べる用なら
もし収穫できなくても、今年はまいっか!で済むけど
この苗用のサツマイモは
ど〜〜しても、絶やしたくないので
家族みな、必死です泣き顔
雨乞いせねば・・・。

と、思っていたら
明日あめの予報が!!
と言うことで、これから畑にサツマイモ苗を植えに行ってきま〜すチョキ
| tomo | 16:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
いちご狩り
人様のイチゴ畑にお邪魔して
イチゴ食べ放題!して来ちゃいましたぴかぴか

直売所に毎日出荷してくれている農家のお母さんは
毎朝4時に起きて、イチゴを収穫してパック詰めしています。
作業が細かいし、中腰のため重労働てれちゃう

しかも、シーズン終了間際になるほど
イチゴの粒が小さいのが多いため
作業は、より時間がかかって大変モゴモゴ

そして、粒が小さいと、価格が安い・・・[:がく〜:]
という事で、最後の最後は
嫌になって、収穫せずに放棄!


子供は立ったままでいいので楽チン!ママと一緒に仲良く!



そこで、私たちの登場ですイヒヒ
農家のお母さんは毎日の仕事だから辛いけど
私たちにとっては最高の贅沢!
もいだらすぐ口へ!そら〜〜うんめ〜こって!!

この喜びを友達親子にも味わせたくて
薄謝だけして、12人の大群で畑荒らししてきましたてれちゃう


この人は、手馴れているためか親なんて不要!
どんどん勝手に一人美味しいイチゴを目掛けて行き、黙々と食べるイヒヒ



イチゴ畑に行くまでの道がまた素敵でぴかぴか
森があるんですが
みんな「トトロの森みたい!」と大喜び!
カブトムシやクワガタが昔は沢山とれて
子供たちが虫採りにしょっちゅう来ていたそうですが
最近はあまりいないらしいです・・・[:がく〜:]
なんか寂しい・・・。

でも、今度はこの森に遊びに行きたいなラッキー
お弁当持参して
昼寝とかしながら、のんびりとウィンク
こんな身近にこんな素敵な場所があるなんて!

それにしてもイチゴ美味しかったです!
また来年よろしくお願いしますラブ
| tomo | 16:08 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode