Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
小千谷市環境審議会
 何故か、新潟県地球温暖化防止推進員と、
小千谷市環境審議会委員という仕事?をさせてもらっています。
大したことは何も出来ていませんが・・・。

先日、会議があり、市のゴミは少しづつではあるものの
増え続けているという現状や、
色々な問題点が議題にあがりました。

今までにも、市は啓蒙活動などをしてきたけど
あまり効果がなく・・・というのが現状のようです。

ゴミを減らすことは難しいらしい一方
ゴミがゴミでなくなる現状もあることが
おもしろいな〜〜なんとかならないかな〜〜?と感じました。
物事は一方から見ると答えは難しくなるけど、
違う視点で見ると全然違う答えがでてくるのでは?

例えばですが
先日、知り合いが軽トラを貸して欲しいと言って来ました。
庭の枯れ葉を焼却場に持って行きたいけど
大量すぎて普通車では厳しい・・・というのです。



旦那が行くと、軽トラに山盛り2台分の枯れ葉でした。
旦那は、いい堆肥になる!と
焼却場には持って行かず、自宅脇に持ち帰りました。

ゴミとして見れば、焼却場で燃やされます。
燃やすには何を使っているんでしょう?
重油?灯油?なんでしょう?
何にしても、エネルギーを消費して燃やす事になります。

でも、堆肥として見たら、逆にエネルギーを生み出す物になるのです!
春、サツマイモの苗床に使いますが、
その際、この枯れ葉が熱を出し、土を暖め、イモの苗を伸ばすのです。
自然のエネルギーです

我が家では生ゴミは殆ど堆肥にしてます。
ゴミ出しに行く際、生ゴミや枯れ葉などが
ゴミステーションに出されていると
「欲しいな〜〜」って思います(笑)

お父さんも、
「水分を沢山ふくんだ生ゴミに、何かを掛けて燃やすなんて大変だ!」と言います。

でも、なかなか難しい側面が多いですね・・・。
山形県長井市のレインボープランという凄い試みもありますが・・・。
どうなる小千谷!?
| tomo | 14:54 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
植樹の勧め
 

旦那にもマイ箸を持参するようお願いするのですが
抵抗されます・・・。
「俺は一生分の割り箸分以上の木を植えたからいいんだ!」と豪語。
私は「でも、じゃあ人の分までと思ってマイ箸にしよう」と言うのですが
私が一緒の時はいいのですが、一人の時はやはり恥ずかしいようです。

でも、この旦那の言い分にはショックでした。(いい意味で)
私は使わないことで少しでも温暖化を防御していただけですが
旦那は積極的な温暖化防止活動を普通にしているという現実です。

旦那は温暖化防止の為に昔から木を植えてきた訳ではありません。
昔からの生活風習というか、必然性からです。
(今でこそ必要なくなりましたが)
昔は木を焚き木にしたり、自宅等を作る材料にしたりして
有効利用していたのです。


(このハザ木もじいちゃんが植えてくれたもの)

そして使用する木は自分が植えたものではなく
親や祖父が植えてくれたものでした。
自分が使わせてもらった分、自分は次の代の子の為にまた植える。
この繰り返しでした。

今住んでいる旦那の自宅は勿論、全部自宅裏の山の木だそうです。
地域の風土の中で育った木なので、狂いが生じにくいそうで
家が頑丈なのだそうです。製材所も地域にありました。

食べ物だけでなく、資材までも地産地消!
そして、それは理にかなっていて、エコでもあったのです。
これまた当たり前のような話ですが
現代では、ほど遠くなってしまった話でもありますが・・・。

そんな意味でも、植樹は私もしたいとず〜〜と思っていました。
しかし、土地も世話をし続ける技術・知識もない自分には無理でした。
でも今回、旦那が植樹をすることにしたので
私だけでその喜びを留めるのはもったいないと思い
植樹体験を企画しました。
興味のある方は是非、一緒に喜びを享受しましょう!

| tomo | 14:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マイ箸の勧め
外食する際は なるべくマイ箸を持参しています。
忘れることもしばしばですが・・・。
始めてから多分10年くらいになりますが
最近やっと、知名度が上がってきたようで嬉しいです。

始めてから最近までの間は
持参していっても、なぜか箸を出すのが恥ずかしいものでした。
飲み会の際は、人数分持参して、
「良かったら使わない?」と恐る恐る聞いたものでした・・・。
でも、結構評判が良くて、みんな感激して使ってくれたのは嬉しかったです。

店員さんに「箸いりません」とお返しすると、
「え!?」と驚かれることもしばしばでした。
「まさか手づかみでラーメン!?」なんて心の声が聞こえる事もあり笑えました。
そんな時は笑いながら「これ。マイ箸持ってきるんです」と言うと
安心した顔でニコニコと了解してくれたりしたものです。

でも、最近は店員さんが
「マイ箸ですね。ありがとうございます!」と理解が早くなりました。


(KAYOちゃんに頂いた箸入れ。可愛くてお気に入りです)

エコな仲間が集まる会では
箸や箸袋の見せあいっこが楽しかったりします。
ほぼ全員が箸を持参するその光景に驚く店主が
「実は割り箸やめたいとは考えていたんですけど、なかなか難しい面もあって・・・
でも、いいですね〜〜」なんて話で盛り上がることもあり、嬉しかったです。

多くのお店で、お箸を使ってくれれば
マイ箸を持ち歩くこともなくていいので。
最近、割り箸をやめたお店も出てきて大歓迎です!

最近新たに始めたのはマイタッパー持参。
食べ切れなくて残すと全部廃棄・・・。もったいないしエコではありません。
でも貧乏臭いとか、ケチとか思われそうで
これまた出すのが恥ずかしく、今はまだまだ抵抗があります。
こちらも早く市民権を得たいです。

なにせ、日本の廃棄残飯量は世界の飢餓を救える量以上なのだそうです!
飽食の時代に胡坐をかいている場合ではなくなってきた現在、
何かできることから始めなきゃ・・・。










| tomo | 12:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
お店でエコ活動
荷物が一気に沢山入荷したので
毎日忙しく慌しいですイヒヒ



桜が咲くと、色々な種を蒔いたり
苗床に伏せたり(芽だしをする)出来るので
いい季節でもあり
我が店にとっては忙しい季節でもありますウィンク



ところで
お店でもエコ活動をしています。
買い物袋はなるべく差し上げないようにしていますウィンク
「このままでもいいですか?」と聞くと
最近のお客さんは大抵OKです。

マイバック

買い物が沢山の場合は袋に入れますが
「袋いらないよ!」と言う方も増えてきました。
マイバック持参のお客さんもいますぴかぴか


母は冬の間に、可愛い絵柄の紙で袋作成してくれますぴかぴか
その他にも、仕事で出てきた袋を捨てずにリユースしてます。
母製作の袋。カレンダー再利用!


”ケチではなくエコ”
先日のドラマaround40に出てきた
藤木直人そのままです!
ドラマの彼は変人扱いされていて
切なかったですが悲しいそのうち皆が気づくという設定なのかな〜?

最近は、我が家のお客さんは意識が上がっているので
”ケチではなくエコ”と好意的にとってくれるので
やりやすいです楽しい

できる事からコツコツとぴかぴか

| tomo | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode